top
concept
profile
stage
gallery / movie
contact



第ニ回公演
『ほととぎすのきょうだい』
PV完成!!

Mandrake第二回公演『ほととぎすのきょうだい』のPVが完成致しました!

出演者紹介を含めた公演オリジナルPVをヴィジュアリスト手塚眞氏(監督・撮影・編集)に手掛けていただきました。是非お楽しみください。

監督・撮影・編集: 手塚眞
オリジナル音楽: 松岡政長

gallery / movie ページよりご覧ください。

Mandrake第二回公演
『ほととぎすのきょうだい』
詳細情報公開
第二回公演
ほととぎすのきょうだい
作・演出石川詩織

2022年4月
28(木)
15:00
19:30
29(金 祝)
14:00
19:00
30(土)
13:00
17:30
会場中野テルプシコール
詳細・ご予約は、、、
公演詳細情報にて→
第一回公演『1058』舞台写真公開

2018年に行われましたMandrake第一回公演『1058』の舞台写真を公開いたしました。

撮影: 伊藤青蛙

gallery / movie ページよりご覧ください。

Mandrake第二回公演のお知らせ

Mandrake 第二回公演の上演が決定致しました!!

第二回公演
『ほととぎすのきょうだい』
時は平成三十四年。なかなかありえへんようで、そこそこありふれた御伽噺。
作・演出 石川詩織
 ∧出演∨

井内 俊一
稲垣 潤一
遠藤 大貴
大園 了磨
栗田 小百合
田中 博士
仲井真 徹
    ※名前順

蜂谷 眞未
石川 詩織
◆2022年4月28日(木)~30日(土)◆
会場  中野テルプシコール
-近日情報解禁-
新作動画公開

この度、Mandrakeは「アートにエールを! 東京プロジェクト」に参加させていただきました!!

自粛期間中の私たちの目線から生まれた「日常」と「非日常」をテーマに作った、約6分間の作品です。

宜しければ是非ご視聴ください。

gallery / movieページより無料でご覧いただけます。

『わたしはあなたのあしたのわたし』

Mandrake旗揚げ公演『1058』終幕

平成30年12月29日、Mandrake旗揚げ公演『1058』全公演を終える事が出来ました。
この作品を上演するに至り力を貸して下さった多くの皆様に深く感謝致します。
また、年末のお忙しい時期にも関わらずお越しくださった沢山のお客様、本当にありがとうございました。
まだまだ未熟な私共ですが、「Mandrake」としてあらゆる表現者の方々と様々なカタチの表現を創作していきたいと思っております。
今後ともよろしくお願い致します。

平成31年1月18日
Mandrake
蜂谷眞未 石川詩織

Mandrake第一回公演『1058』
チラシデザイン公開

Mandrakeのロゴデザインをしていただいた劇団イヌカレー・泥犬さまに本公演のチラシデザインをしていただきました。

この作品に込めた思いを、遥かに上回る角度から、新たに生み出して下さった事に大変感謝しております。
この物凄く素敵なデザインと共に、年末まで駆け抜けたいと思います。どうかよろしくお願い致します。

ご予約は、、、
CoRich予約サイトにて→
前売チケット予約開始

本日(平成30年10月1日)よりMandrake第1回公演 『1058』のチケット発売を開始致します。 年末のお忙しい時期かと存じますが一人でも多く方にご覧いただければ幸いです。


作・演 石川詩織

「あなたの命救ってあげても良いよ。」
死を覚悟した男の前に突如現れた少女。

「あなたの命と引き換えに、あなたの記憶を売ってほしい」と、差し出された手に差し出した罪とは。

自死を選んだ人間、人間になれなかった廃棄物、記録になりきれなかった記憶。
残してきたモノ、残されたモノたちの想いの行方は…

別の人生を歩んできたものたちが
平成✕年に起こった未成年殺人事件に引き摺られ絡み合っていく。

日時
平成30年12月26日〜29日
26日(水) 20時
27日(木) 15時 / 19時半
28日(金) 14時 / 19時半
29日(土) 13時 / 18時
会場
APOC THEATER
(小田急線千歳船橋駅より徒歩2分)
詳細・ご予約は、、、
公演詳細情報にて→
重大発表!!!

この度、「魔法少女まどか☆マギカ」シリーズの異空間設計でもお馴染みの、人気アニメーション作家ユニット『劇団イヌカレー』の泥犬さまによる、Mandrakeオリジナルロゴが完成致しました!!

ユニット名の由来となった植物「マンドレイク」と私たちの身体をモチーフに、ユニットのテーマでもあるアングラかつポップなロゴを作成していただきました。 この素晴らしいロゴと共に年末旗揚げ公演に向け邁進していきたいと思っております。

また、旗揚げ公演のチラシのデザイン画も泥犬さまに担当して頂きます。公開まで今暫くお待ち下さいませ。

どうか、引き続き応援よろしくお願い致します。

出演者発表

平成30年12月末に上演致しますMandrake旗揚げ公演の出演者が決定致しました。

  • 井内俊一
  • 曽田明宏
  • 稲垣潤一(碗プロダクション)
  • 栗田小百合
  • 金原並央
  • 蜂谷眞未
  • 石川詩織

お招きした5名の素晴らしい俳優陣と私たちMandrakeによってお送り致します。

先日、配役決めも無事に終了致しました!
ここから台本も決定稿に向けて書き直し、7名で一丸となって作品を創っていきたいと思います。

今後の公演詳細は随時こちらで発表致します。

まだ先の事になりますが、どうか引き続き応援よろしくお願い致します。

ご挨拶

この度、石川詩織と蜂谷眞未による表現ユニット『Mandrake』を立ち上げる事となりました。

一つの形に囚われず、色々な場で活躍する表現者たちと、あらゆる形の表現に挑戦し、様々な形の演劇やパフォーマンスを創っていきたいと思っております。

今年の年末には旗揚げ公演を予定しております。
どうか温かい目で見守って頂けたら幸いです。

今後の活動はこちらでも随時報告させて頂きます。
応援のほどよろしくお願い致します。



平成30年 6月1日
石川詩織 蜂谷眞未
Mandrakeとは
悪魔の植物と言われ、魔術や錬金術の原料としても扱われる薬草『マンドレイク』のように、観る者にとって毒薬にも媚薬にもなれる作品を創るため結成した女優・石川詩織と蜂谷眞未による表現ユニット。身体とコトバを存分に生かし、繊細かつエッジの効いた中毒性のあるアングラポップな作品創りを目指している。
プロフィール
名前
石川詩織 (いしかわしおり)
蜂谷眞未 (はちやまみ)
生年月日
1987/11/17
昭和57年3月4日
星座
蠍座
魚座
血液型
O型
B型
Mandrakeでの役職
脚本・演出・役者
制作・演出助手・役者
今後の意気込み
何かやりたいと言い続けて何かを起こすまでに物凄く時間がかかりました。
でも今やっと、このような形でその"何か"をスタートする準備が整いました。
この公演は、今まで生きてきた中で間違いなく、最も責任を感じる企画になるかと思います。
物凄く沢山の方々を巻き込みます。
既に膨大な恐怖と羞恥で身が潰れそうになりますが、私にとってこの作品は、今じゃないと生めないものでした。どうしても今じゃないとだめなものでした。
許して頂きたいと言える身でもありませんが、人生を賭けて挑みます。
どうかよろしくお願い致します。
36歳になり、心身ともに今まで気づく事のなかった変化に気づき始めました。
と、同時に自分の出来ること、できないこと。嫌いなところ、好きなところ、苦手なこと、得意なこと、等がようやく明確に見えてきたというか、受け入れざるをえない歳になったのかもしれません。
この事は今、私にとって少し辛い事のように思います。
それでも、日々は瞬く間に過ぎていき、そんな日常に焦りさえも感じ、時々全てを投げ出したくもなります。
けれど、このままではいたくない、まだまだ足掻き続けたい、という自分も確かにここにいます。
恐らく私は、自分がそれでもなお見たい景色を見るためにこのMandrakeを始める事になったと思うのです。
訪れた事のない未開の地に足を踏み入れる勇気を胸に抱いて、いざ、行かん!
名前
石川詩織 (いしかわしおり)
生年月日
1987/11/17
星座
蠍座
血液型
O型
Mandrakeでの役職
脚本・演出・役者
今後の意気込み
何かやりたいと言い続けて何かを起こすまでに物凄く時間がかかりました。
でも今やっと、このような形でその"何か"をスタートする準備が整いました。
この公演は、今まで生きてきた中で間違いなく、最も責任を感じる企画になるかと思います。
物凄く沢山の方々を巻き込みます。
既に膨大な恐怖と羞恥で身が潰れそうになりますが、私にとってこの作品は、今じゃないと生めないものでした。どうしても今じゃないとだめなものでした。
許して頂きたいと言える身でもありませんが、人生を賭けて挑みます。
どうかよろしくお願い致します。
Twitter
名前
蜂谷眞未 (はちやまみ)
生年月日
昭和57年3月4日
星座
魚座
血液型
B型
Mandrakeでの役職
制作・演出助手・役者
今後の意気込み
36歳になり、心身ともに今まで気づく事のなかった変化に気づき始めました。
と、同時に自分の出来ること、できないこと。嫌いなところ、好きなところ、苦手なこと、得意なこと、等がようやく明確に見えてきたというか、受け入れざるをえない歳になったのかもしれません。
この事は今、私にとって少し辛い事のように思います。
それでも、日々は瞬く間に過ぎていき、そんな日常に焦りさえも感じ、時々全てを投げ出したくもなります。
けれど、このままではいたくない、まだまだ足掻き続けたい、という自分も確かにここにいます。
恐らく私は、自分がそれでもなお見たい景色を見るためにこのMandrakeを始める事になったと思うのです。
訪れた事のない未開の地に足を踏み入れる勇気を胸に抱いて、いざ、行かん!
Twitter
Mandrake第二回公演
『ほととぎすのきょうだい』
詳細情報!
第二回公演
ほととぎすのきょうだい
作・演出石川詩織

テッペンカケタカ
 テッペンカケタカ

時は平成34年
あの春から12年

あのナキ声は何処へ行った?
鳴いて血を吐くほととぎす

なかなかありえへん様で
そこそこありふれた御伽噺

2022年4月
28(木)
15:00
19:30
29(金 祝)
14:00
19:00
30(土)
13:00
17:30
受付・開場は開演の30分前
チケット(全席自由):
前売 3,800円 / 当日 4,000円
公演パンフレット付前売券 4,800円
3月21日12時発売開始!!
予約・お問い合わせ:
(出演者扱いの予約フォームは主演者欄を参照)
MAIL mail@mandrake2018.net
TEL 070-5084-2728
会場:中野テルプシコール
〒164-0001 東京都中野区中野3-49-15-1F
☎03-3338-2728
出演:
井内俊一  (専用予約ページ)
稲垣潤一(碗プロダクション)  (専用予約ページ)
遠藤大貴(碗プロダクション)  (専用予約ページ)
大園了磨(碗プロダクション)  (専用予約ページ)
栗田小百合  (専用予約ページ)
田中博士(バウムアンドクーヘン)  (専用予約ページ)
仲井真徹  (専用予約ページ)
名前順
蜂谷眞未(Mandrake)  (専用予約ページ)
石川詩織(Mandrake)  (専用予約ページ)
[STAFF]  脚本・構成・演出:石川詩織/美術監修:波田野宇乃/美術製作:百音(マシュマロ・ウェーブ)/照明:高瀬勇佑(RISE)/音響:古川直幸/衣裳:Mandrake/舞台監督:織田圭祐(江古田のガールズ)/振付協力:小暮邦明/チラシデザイン:中村ナツ子/ビジュアル撮影:イマイトシヒロ/PV制作:手塚眞/舞台撮影:伊藤青蛙/当日受付:井口香/制作:蜂谷眞未/企画・製作:Mandrake
[協力]  バウムアンドクーヘン/碗プロダクション/江古田のガールズ/マシュマロ・ウェーブ/絵空箱
新型コロナ感染症対策について

新型コロナウィルス感染拡大状況を踏まえ、ガイドライン・要請に従いながら、お客様、出演者、スタッフの安全安心を第一に、感染予防対策を万全にして公演を実施致します。
以下のご案内をご確認いただき、ご協力を何卒お願い申し上げます。

  • マスクの着用をお願い致します。
  • 全ての方に非接触型体温計による検温を行わせていただき、37.5℃以上の発熱が確認された場合、ご入場をお断りさせていただく可能性があります。
  • 咳エチケット・手指消毒の徹底をお願いいたします。
  • 接触軽減のため、ご精算の際はなるべくお釣りのないようご準備いただけると幸いです。
  • 万が一、公演会場で新型コロナウィルスによるクラスター感染が発生した場合、お客様の購入者情報(氏名・ご連絡先等)を保健所の関係機関に提供させていただく場合がございますので予めご了承ください。
  • 次のいずれかに該当するお客様は、ご来場をお控えください。
    • 過去2週間以内に、風邪のような症状がある、発熱や悪寒がある、発熱により解熱剤を服用されている、だるさや息苦しさがあるなど、体調がすぐれない方。
    • 37.5℃以上の発熱や咳、下痢、味覚障害、嗅覚障害などの症状がある方。
    • 身近に新型コロナウイルス感染症の感染者またはその濃厚接触者がいらっしゃる方。
    • 過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域への訪問歴及び該当在住者との濃厚接触がある方。
Mandrake旗揚げ公演
『1058』
詳細情報!

作・演 石川詩織

「あなたの命救ってあげても良いよ。」
死を覚悟した男の前に突如現れた少女。

「あなたの命と引き換えに、あなたの記憶を売ってほしい」と、差し出された手に差し出した罪とは。

自死を選んだ人間、人間になれなかった廃棄物、記録になりきれなかった記憶。
残してきたモノ、残されたモノたちの想いの行方は…

別の人生を歩んできたものたちが
平成✕年に起こった未成年殺人事件に引き摺られ絡み合っていく。

キャスト
井内俊一 (専用予約ページ)
曽田明宏 (専用予約ページ)
稲垣潤一(碗プロダクション) (専用予約ページ)
栗田小百合 (専用予約ページ)
金原並央 (専用予約ページ)
 
蜂谷眞未 (専用予約ページ)
石川詩織 (専用予約ページ)
日時
平成30年1226日〜29
26日(水) 15時 / 20時
27日(木) 15時 / 19時半
28日(金) 14時 / 19時半
29日(土) 13時 / 18時
会場
APOC THEATER
(小田急線千歳船橋駅より徒歩2分)
チケット
前売 3,200円 / 当日 3,400円 (全席自由・日時指定)
CoRich予約サイト
(※こちらからの予約は制作扱いとなります。出演者扱いの場合は上記出演者一覧からご予約ください)
※本公演は14歳以下の児童・生徒の入場をお断りしております
スタッフ
脚本・構成・演出 石川詩織
美術 波田野宇乃
照明 高瀬勇佑(RISE)
音響 古川直幸
衣裳 Mandrake
衣裳協力 岩崎梓
演出助手 蜂谷眞未
舞台監督 大橋律子
チラシデザイン 劇団イヌカレー・泥犬
宣伝美術&撮影 伊藤青蛙
制作 蜂谷眞未
企画・製作 Mandrake
協力
碗プロダクション
(株)スーパーエキセントリックシアター
絵空箱
第二回公演
『ほととぎすのきょうだい』
プロモーションビデオ
監督・撮影・編集: 手塚眞
オリジナル音楽: 松岡政長
撮影 伊藤青蛙
アートにエールを! 参加作品
『わたしはあなたのあしたのわたし』

演劇という非日常の世界で生きること、それを仕事として生きてきた私たちにとって、日常は非日常と化しました。限られた規制の中でだからこそできる表現を目指し、『日常』と『非日常』をテーマに、私たちの目線から見ている、見られている角度に注目し、作品を創りました。

自ら自分を撮影し、その映像を組み立てて、人と人との繋がりや触れ合いで成り立つ演劇から学んで来た経験を元に、既存している音楽や効果音はあえて使用せず、自然の音、肉体や物から生じる音を元に、人との直接的な触れ合いをせず創る作品に挑戦しました。

撮影 伊藤青蛙
Contact
mail@mandrake2018.net
Twitter
@M20180601
Ishikawa Twitter
@shiicc
Ishikawa Blog
https://ameblo.jp/c-chan5/
Hachiya Twitter
@KnowsVeronica
Hachiya Web Site
http://veronica-veronica.net